Welcome !!

細胞内シグナル伝達の理解を通して

疾患発症のメカニズムを解く

 

Understanding signal transduction and its pathogenic dysregulation

 

分子発癌分野では、転写因子NF-κBの活性化を誘導するシグナル伝達経路の制御メカニズムとその破綻による疾患発症について、分子、細胞、個体レベルの研究を推進しています。

News

2017年  4月  3日  特任助教 山本瑞生さんが乳癌の転移に重要な上皮間

          葉転換 (EMT)とその逆の過程である間葉上皮転換

          (MET)のバランス制御機構について明らかにし、

          Cancer Science誌で報告しました

2017年  4月  3日  新人・阿部さん、鈴木さん、中野くん、堀江くんが

          研究室に加わりました!

          Lab Membersを更新しました。

2017年  1月26日  助教 柴田佑里さんがHTLV-1 TaxによるNF-κBの

          活性化機構を新たに明らかにし、その論文PLoS           Pathogensに掲載されました。

2016年11月21日  山本瑞生さんが特任助教に、秋山伸子さんが特任研

          究員になりました。

          (Lab Membersを更新しました。)

2016年11月  4日  Lab Membersを更新しました。

2016年  9月18日  Linksページに当研究室が参画している新学術領域

          「数理シグナル」を追加しました。

2016年  9月18日  学友会セミナーを10月3日(月)に開催します。 

           (Seminarページを更新しました。)

2015年  9月15日  Photo Galleryにソフトボール大会・送別会・研究室

          旅行の写真を追加しました。

2016年  8月27日  研究員の山本瑞生さんが既存薬の中からドラッグリ

          プロファイリングによって中東呼吸器症候群(MERS)

          コロナウイルス感染を阻害する薬物を同定し、 

          Antimicrobial Agents and Chemotherapy誌で

          しました。

2016年  8月27日  学友会セミナーを9月8日(木)に開催します。 

           (Seminarページを更新しました。)

2016年  7月26日  研究員の秋山伸子さんが自己免疫疾患の発症抑制に

                             必要な胸腺髄質上皮細胞の前駆細胞とその分化を制御

                             する分子機構を解明し、Journal of Experimental

                             Medicine誌で報告しました!!

                             なお、本研究は掲載号の表紙に選ばれています。

2016年  4月  6日  新人・岩波くんが研究室に加わりました!

          Lab Membersを更新しました。

 

 

 

(過去のNewsはこちら